ポジティブなセッションがいいセッションとは限らない、、、
2021-06-07
ポジティブなセッションがいいセ...

ICF(国際コーチング連盟)の資格を取得する準備期間に、
ICF資格をとっている諸先輩にセッションを見ていただいたり、
聞いていただいたのですが、私が驚いたフィードバックが、

『ポジティブなセッションがいいセッションとは限らない、、、』
というもの。

心の中では、
「えーーーーーーー、ポジティブがダメってどういうことーーーー」
という感じでしたが、今思うとこのフィードバックって、
大事だなーと感謝しています。

コーチングセッションをしていると、クライアントさんは、
前向きになりたいと思っていても、
・その気持ちをしっかり受け止めてもらいたい、、のか、
・本当に前向きになりたいのかわからない、、のか、
・今の状況を理解している人を求めている、、のか、
クライアントさんによって望んでいることが異なります。

その望みを理解しないまま、
「いいですね~」
「素敵ですね~」
「あなたなら大丈夫!いける!いける!」
とサポートしても、

「私のこと、理解してくれない、、」と感じさせてしまうことが
あるということでした。

私自身の経験に照らし合わせても、軽いタッチの元気づけは、
「あなたはできるかもしれないけど、私にはまだまだ、、、」
という気持ちにさせられたことがあったな、、、

なので、ポジティブさんはセッションするときに、
クライアントさんのタイプや要望をよく理解して、
ペースを合わせないと、いいこと(ポジティブ)しているはずなのに、
クライアントさんが落ち込んでしまうかもしれません、、、

ポジティブな関わり方だけでなく、
クライアントはどんなペースを求めているのか
考えてみませんか(*''▽'')


・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・

葉山 みなみ

国際コーチング連盟(ICF)プロフェッショナル認定コーチ(PCC)
銀座コーチングスクール横浜校代表講師
ギャラップ認定ストレングスコーチ
6seconds認定EQプラクティショナー&アセッサー

☆銀座コーチングスクール横浜校・国際資格コース
https://www.ginza-coach.com/school/area02/yokohama.html#global
☆オンラインセッションのご希望はこちらまでお問合せください。
https://www.charm-fula.com/contact

・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・


戻る