チームビルディングのタックマンモデル
2021-04-09
チームビルディングのタックマン...

今日は新規事業の組織に向けたストレングスファインダー研修でした。

ストレングスファインダーで、個人の強みやチームの強みを
理解することも必要ですが、ストレングスファインダーが目的ではありません。


なぜ、ストレングスファインダーが必要か?
を考えてもらうために、チームビルディングのステップを
タックマンモデルで説明してみました。

チームって、同じ目標を見て成果を出すためにステップがあるんです。

今日参加したチームは、「形成期」と「混乱期」
お互いのことがわからず緊張状態で、仕事をするにも、
目的や目標を通じて考えるより、自分の考え方で
押し通したくなるときだったんです。

仕事をしながら、統一期に向かうには雰囲気が悪くなったり、
疑心暗鬼が起きたり、仕事が上手く進まなかったりすることがあります。

早く、統一期に進むためにチームとして始動する前に
ストレングスファインダーを活用していただきました!

今回のチームは、今の時代にあっていて、必要に応じて、
変化を前向きに受け止め、個性を尊重しながらお互いを活かしていく、
そんな力強さを感じました。

ストレングスファインダーがもっとチームに活かしてもらいたいな~


・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・

葉山 みなみ

国際コーチング連盟(ICF)プロフェッショナル認定コーチ(PCC)
銀座コーチングスクール横浜校代表講師
ギャラップ認定ストレングスコーチ
6seconds認定EQプラクティショナー&アセッサー

☆銀座コーチングスクール横浜校・国際資格コース
https://www.ginza-coach.com/school/area02/yokohama.html#global
☆オンラインセッションのご希望はこちらまでお問合せください。
https://www.charm-fula.com/contact

・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・


戻る