ステージ4といっても、薬が合えば良い結果が出る!
2021-01-25
ステージ4といっても、薬が合え...

昨日の朝日新聞デジタルで、笠井アナの闘病記事を見ました。

記事『がんステージ4だった笠井アナ「私は昭和の患者だった」』

今は2人に1人ががんになる時代。

15年前、私が38歳で乳がんになったときは、
乳がんは25人に1人と言われていたのに、
今では10人にひとりと言われているようです。

私も、前々職の先輩がステージ4の大腸がんで若くして亡くなり、
父もステージ3の大腸がんで経過観察中、、、
がんは身近な存在です。

がんは完治という言葉が使われないのですが、
笠井さんの記事では、ステージ4なのに薬の効果で、完治ではないけど、
寛解(全治とまでは言えないが、病状が治まっておだやかであること。)に
なっているとのこと。

この記事を見て、医学の進歩に驚かされました。

「がん」というと、まだまだイコール「死」を連想してしまいますが、
それは今まで見てきた情報に踊らされているだけかもしれません。

正しい情報を入手して、今、何を大事にするべきかを考える。
病気って、そんなメッセージだと感じています。


・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・

葉山 みなみ

国際コーチング連盟(ICF)プロフェッショナル認定コーチ(PCC)
銀座コーチングスクール横浜校代表講師
ギャラップ認定ストレングスコーチ
6seconds認定EQプラクティショナー&アセッサー

☆銀座コーチングスクール横浜校・国際資格コース
https://www.ginza-coach.com/school/area02/yokohama.html#global
☆オンラインセッションのご希望はこちらまでお問合せください。
https://www.charm-fula.com/contact

・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・


戻る